買い物・レビュー

子供用のスケボーの選び方、サイズやおすすめは?

スケボー

4歳の子供がスケボーが欲しいというので買ってあげました。
そのときに調べた、子供のスケボーを選ぶ際のポイントと、おすすめブランド、ショップを紹介します。

子供用のサイズは?

実はスケボーにもサイズがあります。
私がスケボーを始めた頃(かれこれうん十年前・・・)は、子供用のサイズなんてなかったと思いますが
最近は、小さい頃から始めるキッズスケーターも増え、子供用のサイズがあるようです。

一般的なスケボーのサイズは、7.5インチ〜8インチ。
これはデッキの幅のサイズですが、比例して長さも短くなります。

対して子供用のサイズは、6.75〜7.3インチ。

年齢 身長 サイズ
6歳以下 120cm以下 6.5~6.75
7〜9歳 120〜135cm 7.0~7.25インチ
10〜12歳 135〜160cm 7.3~7.5インチ

スケボーはデッキ、トラック、ウィール、ベアリング、ボルト、デッキテープの6種類のパーツからできています。それぞれ好みのものをバラ売りで買って、自分オリジナルのスケボーを作ることができますが、
種類も多く、値段もピンきりでどれがいいのか、ある程度の経験がないと選べません。
初めて買うスケボーは、まずは、各メーカーから出ている完成品(コンプリート)を買うのがバランスが良く、値段も安くオススメです。

スケボーのブランド

おもちゃ屋さんで売っているようなスケボーではなく、最初からプロも愛用するちゃんとしたブランドを買うのがオススメです。

blind

スケート界のレジェンドMARK GONZALES(マーク・ゴンザレス)により1989年に設立された老舗ブランド。

Almost

スケボーの神様Rondey Mullen(ロドニー・ミューレン)とレジェンドDaewon Song(ダエウォン・ソン)により作られたデッキブランド。かわいい柄が多い。

Enjoi

パンダのロゴがかわいいEnjoiは、レジェンドの2人Mark Johnson(マーク・ジョンソン)とRodney Mullen(ロドニー・ミューレン)により2000年に設立されたデッキブランド。

SANTA CRUZ

1973年設立の老舗ブランド。ハードコアなグラフィックが特徴。

ANTIHERO

ドックタウンのメンバーであったジュリアン・ストレンジャーとジョン・カーディエルが1995年に設立。
ハードコアライダーが多く所属するデッキブランド。

おすすめのスケートショップ

近くのスケボー専門店に足を運び、店員さんに教えてもらいながら実際に目で見て確かめるのが一番ですが、今はネット通販も充実しています。

ムラサキスポーツ

横乗りスポーツで日本で一番有名なショップ。全国に店舗があります。
楽天市場 amazon

instant

東京の老舗ショップで岡田晋など多くのプロライダーをサポートしてきたお店。
楽天市場

カリフォルニアストリート

東京の老舗ショップ。インターネットが普及する前からカタログ通販を手がけていた超信頼できるお店。
楽天市場 amazon

スケートボードSHOP砂辺

沖縄のスケートショップ。ネット通販が充実。
楽天市場 amazon

安全のために

間違った遊び方をすれば危険もあります。
ポイントを守って楽しく遊びましょう。

1) 安全な場所で乗る。車が頻繁に走る道路では遊ばない。
2) 坂道などスピードが出るような遊びはしない。
3) 親が必ず見守る。
4) ヘルメットを必ずつける。

ヘルメット・プロテクター

スケートボードの醍醐味は、難しいトリックを練習して身につけていくことです。
硬いコンクリートの上での練習は怪我がつきもの。
安全のためにヘルメットやプロテクターは必ずつけるようにしましょう。

bern(バーン)

アメリカで誕生したヘルメットブランド。安全性はもちろんデザインがかっこいい。つば付きでKIDSスケーターにも大人気ブランド。bern独自のテクノロジーZIP MOLDを搭載し、高い耐衝撃性と、軽量で快適。日本向けにはジャパンフィットモデルを採用し、フィット感も抜群。

Nutcase(ナットケース)

ポップでキュートなデザインが多いNutcaseは、元NIKEのクリエイティブディレクターが設立したヘルメットブランド。日本のSGマークも取得済みで安全性もお墨付き。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*