買い物・レビュー

5歳の息子にDURCUS ONE RECTUS 14インチ

BMX DURCUS ONE ダーカスワン RECTUS 14

KIDS BMXのサイズについて

4歳の時BMXのサイズを調べた際、身長が100cmに満たなく14インチが良さそうでした。
子供用のBMXを調べてみた(12インチ、14インチ、16インチ)

でも14インチは中途半端だし、16インチが乗れるようになるまで待とうと、その時は決めましたが、5歳になった今、やっぱり自転車がすごく欲しいみたいで、買ってあげることにしました。

さっそくお店に見に行きました。
身長は105cmで1年前から7cm伸びました。
もしかしたら16インチに乗れるかなと期待もしましたが、結論は14インチがちょうど良かったです。

16インチの中でも小さ目の、フラット用Aresの16インチに試乗させてもらいましたが、まだつま先がやっと着くくらいで、腕も張ってます。これだと上手く操縦できないだろうし、ちょっと危ないだろうなと。ストリート仕様車はもっと大きいし。

14インチを試乗させてもらったところ、足はかかとに着き腕もちょうど良さそうでした。

多少無理しても16インチを買っておけば、この先長く乗れそうですが、まずは安全に楽しく乗れることを優先し、14インチを選ぶことにしました。

BMX 14インチ

14インチ

選んだのは、DURCUS ONE RECTUS 14インチ。日本のブランドで、子供用のサイズながら本格仕様のBMXで、普段の街乗りから、パーク乗りまでいけます。
詳細な仕様はこちら。

そもそも14インチの場合、あまり選択肢がなく、今回選んだDURCUS ONEか、フラット向けのARESBIKES、MOTELWORKS、TNB、全て日本のブランドしか今のところありません。

元々数年前までは14インチのラインナップはなかったのですが、ストライダーのブームの影響で、自転車の乗り始めが早くなり、16インチより少し小さい14インチのニーズが増えたんだとか。(ストライダーは12インチ)
確かに何十年も前だけど、自分も乗り始めは小学校に入ってからだったような。

14インチの場合、ストリート、フラット関係なく、各ブランドあまりスペックや機能の差はないそうです。
天才児じゃない限り4〜5歳で、大きな技もできないし、ストリートなのか、フラットなのか専門的にやることもないですし。

この先パークなどで乗るようになるか分かりませんが、街乗りでもスピードが出しやすい、ストリート仕様のDURCUS ONEを選択することにしました。
黒がお気に入りみたいです。

実際に乗ってみると、すぐに乗ることができました。ストライダーでバランスを取ることは慣れてるし、交通公園で練習した甲斐もありました。
これから交通マナーをしっかり教えて、街に繰り出していこうかと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*