買い物・レビュー

子供用のキックボードを比較してみた

キックボード

子供に大人気のキックボードを息子の3歳の誕生日に購入しました。
その時に比較した、子供用のキックボード(キックスクーター)のおすすめブランドを紹介します。

海外ではキックスクーターやキックスケーターとも言われていますがここではキックボードと呼んでおきます。
運動神経の発達やバランス感覚を養うのに非常に効果が高いと言われています。

キックボードといえば、車輪の数が2輪のものをイメージするのではないでしょうか。2輪はバランスを取るのが難しく、子供用に3輪のラインナップがあります。3輪のキックボードは2歳くらいから乗ることができます。

2歳〜5歳

就学前の幼児でも安全に乗れるよう、バランスの取りやすい3輪のキックボードです。

Micro ミニ・マイクロ【3輪】

今回購入したキックボードはスイスのMicro社製。

重量:1.5kg
本体サイズ:デッキの長さ30cm 高さ66cm
耐荷重:35kg
対象年齢:1.5〜5歳

ミニ・マイクロ・スタンダード

こちらが購入した製品です。高さ調整はできませんが、写真にあるように丁度いい高さです。
色も数種類から選べます。

ミニ・マイクロ・デラックス

こちらは高さ調整可能なミニ・マイクロ。長く使えそう。

ミニ・マイクロを選んだポイント

キックボードの元祖

元々キックボードは、Micro社とアメリカのK2 Inc.が共同開発して生まれたのが始まりだそう。日本ではJD RAZORというブランドが有名ですが、これはMicro社と同じものを日本で販売したのが始まり。

医学的アプローチで開発

ミニ・マイクロは、子供の発達に重要なバランス感覚と運動神経の向上に役立つようにスイスの医療専門家の協力によって開発されたということ。どのような根拠があるかわかりませんが、商品説明にもしっかりと書いてあります。
体重の移動で左右に曲がれる構造になっており、3輪だからと言って曲がりにくさは全くありません。

キュートなデザイン

そしてなによりも、他のブランドの製品と比べておしゃれ。さすが欧州ブランド、洗礼されたデザインですが、ポップな色使いで丸みがありとてもキュートです。

安心設計

ミニ・マイクロはとても軽く、3歳児でも簡単に持ち上がります。強化プラスチック素材でぶつけても怪我をしにくい。
SG規格も認定済みです。

JDRAZOR Kid Scooter TC-02【3輪】

日本でキックボードと言えば一番メジャーなブランド、その子供用の3輪がKid Scooter 。

重量:2.7kg
本体サイズ:幅67cm 奥行30.5cm 高さ76.5cm
耐荷重:30kg
対象年齢:3歳から10歳

ジェイディジャパン

ラングスジャパン ラングスバランススクーター【3輪】

アメリカやヨーロッパのスポーツトイの総合輸入代理店のラングスジャパン。自社製品も開発しており、3歳からのスクーター、ラングスバランススクーターがあります。
構造はミニ・マイクロとよく似ており、体重移動で左右に曲がることができます。

重量:1.7kg
本体サイズ:幅60cm 奥行23 高さ68
耐荷重:20kg
対象年齢:3歳以上

6歳〜

小学生にちょうどよいサイズ・重さのキックボード。

Micro マキシ・マイクロ【3輪】

ミニ・マイクロの年長向けモデルとして、大きさ、クールなデザイン、堅ろう性、操作性が強化されています。ハンドルの高さを調整可能。

重量:2.5kg
本体サイズ:デッキの長さ30cm 高さ66cm ~93cmcm
耐荷重:50kg
対象年齢:6歳から11歳

JDRAZOR JD BUG MS-101F【2輪】

大人用のJDRAZORの子供向けの小ぶりサイズ。2輪の入門機にちょうどいいサイズです。高さ調整、折りたたみ可。

重量:2.6kg
耐荷重:90kg
対象年齢:6歳以上

ジェイディ ジャパン

ラングスジャパン R4ラングス・キッズスクーター【2輪】

軽量で2輪の入門機にちょうどいいサイズ。ハンドルの長さを3段階に調整可能。折りたたみ可。

重量:2.3kg
本体サイズ:幅67cm 奥行32.5cm 高さ81cm
耐荷重:50kg
対象年齢:6歳以上

7歳〜大人用

子供はもちろん、大人の体重でも乗ることができます。
子供と共有すれば、子供の使わない時などちょっとした移動に便利です。

Micro マイクロ・スプライト【2輪】

Microの2輪キックボードの入門機。人間工学に基づいて設計されており、低重心で安定性があります。大人もOK。高さ調整、折りたたみ可、スタンド付き、2年間の保証付き。

重量:2.7kg
本体サイズ:デッキの長さ34cm
耐荷重:100kg
対象年齢:7歳以上

JD Razor MS-105R【2輪】

キックボードといえばJD Razorというくらいメジャーなモデル。子供はもちろん大人もOK。高さ調整、折りたたみ可。

重量:2.8kg
本体サイズ:幅70.5cm 奥行33.5cm 高さ89cm
耐荷重:90kg
対象年齢:6歳以上

ジェイディ ジャパン

ラングスジャパン R1ラングススクーター【2輪】

とても軽いモデル。子供はもちろん大人もOK。高さ調整、折りたたみ可、スタンド付き。

重量:2.3kg
本体サイズ:幅71m 奥行33cm 高さ85cm
耐荷重:100kg

フリースタイル

最後にフリースタイル用のキックボードを紹介します。
スケボーやBMXのようにトリックを決めるキックボードは海外で大人気。
大きな大会も開かれています。

Micro Mx-トリックス

https://microscooters.co.jp/freestyle/mx-trixx.html

重量:3.8kg
本体サイズ:高さ77cm
耐荷重:100kg
対象年齢:8歳以上

JD Razor MS-133 PRO

重量:3.3kg
本体サイズ:幅68m 奥行46cm 高さ86cm
耐荷重:80kg
対象年齢:7歳以上

ジェイディージャパン

おすすめヘルメット

安全のためにヘルメットは必ず着用しましょう。キックボードだけに限らず、自転車やストライダーにももちろん使えます。

bern(バーン)

アメリカで誕生したヘルメットブランド。安全性はもちろんデザインがかっこいい。つば付きでKIDSスケーターにも大人気ブランド。bern独自のテクノロジーZIP MOLDを搭載し、高い耐衝撃性と、軽量で快適。日本向けにはジャパンフィットモデルを採用し、フィット感も抜群。

Nutcase(ナットケース)

ポップでキュートなデザインが多いNutcaseは、元NIKEのクリエイティブディレクターが設立したヘルメットブランド。日本のSGマークも取得済みで安全性もお墨付き。

(2017年6月27日更新)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

*